博多8(また長い)

Posted by YANTO on 23.2006 0 comments 0 trackback
ホテルに戻ったのが、2時過ぎ。
翌日起きれるか自身がありませんでしたが、レイトアウトプランでしたが、ちゃんと起きました。
10時に出発! 
福岡市内をいくつか巡ろう!という話になっていました。
交通手段は、バスが便利そうだという事で、博多駅のバスセンターに行く事に。

ココで、便利なバスの一日乗車券がある事を知る。
3人だったので、西鉄のファミリー券という券を利用する事に。
大人3人で1400円。
本来一人だけの一日乗車券は600円なので、かなりお得に!

まず一箇所目、博多駅から福岡県立美術館に向かうことに。
でも、バス停からして、わかり難い場所にある。
美術館方面は、結局F乗のりばからで、バスセンターよりは凄く離れた場所だった。
この美術館にはとある画家さんの絵を観に行きたくなって…。
その方の名前は「高島野十郎」
この方の描く蝋燭の絵は、あたかもそこに炎が本当にあるような絵らしい。
丁度三鷹市美術ギャラリーにて「高島野十郎没後30年展」が今年あったのです。(もう終っちゃったけれど…)
職場の方が、九州にも観に行かれて、この三鷹市にも行かれて…。
九州であった時に、かなり感激されて話していた絵だったので、一度見てみたい!と思っていたのでした。
それが、前日に友人の持っていた情報誌に一枚の絵の写真が出ていて…

「あ!野十郎だ!」と急遽市内巡りの一箇所に加えていただいたのでした。

バスもいい感じでやってきて、最寄で降りて、公園を通過して…。
この公園がまたね・・・ちょっとガッカリな公園でした。
で、建物発見!
建物に入ったら、常設展は4階だと。
(野十郎さんは、久留米市出身で、4階は福岡に縁のある画家の展示室だったんですね~)

いよいよ4階に到着。
210円の入場料。
さて、絵を!野十郎の炎の絵を!
・・・・・・・・・・・・・・・・・
炎の絵が!炎の絵が!炎の絵が!!!!!
無い・・・・(残念)
丁度古賀市にお出かけ中との事。
しかも、12月からは京都文化博物館にお出かけとな?!
「NHK日曜美術館30年」展
これに、来るそうです!
何と!?灯台下暗しとはこのことだ!!!!!
絶対観に行くぞ!!!!!
きっと、もう九州まで行く事は無いだろうから、野十郎の蝋燭の絵、絶対見てみたい。
(ココまでの仕打ちをされると、余計に見たくなる)
一枚の絵のために、行っただけなので、もう次に移動!

次は「ドーム」
天神北バス停から、とにかくバスの表示に「ドーム」と書いてあったので、乗ってみる。
すると!?
いきなり、高速道路に入るバス。
え?!私達の券で高速道路を走るバスに乗っていて良いのか!?
確か、名古屋の市バスなんかは別料金だったような…。
高速道路の途中の風景は、かなり大きな船の造船が見れたり、ちょっと変わった風景が見れた。
が、この日は結構お天気は悪く、今ひとつ写真を撮る気になれない。
それよか、これにこのまま乗車していて、変なところに連れて行かれないか?!とドキドキである。

さあ果たしてドームにはいけるんだろうか?!



Category :


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://composer.blog55.fc2.com/tb.php/1086-5bd21b34

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

つぶやき

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

▲ top